イナゴや、カエルや…(東六郷で遊ぼう)

  • 2018.10.02 Tuesday
  • 08:30

 

 

 

土曜日に、冒険広場すぐ隣の、稲刈り後の田んぼにお邪魔してきました!

 

 

 

これは、かつてイナゴとりの時にみな持っていったという、イナゴを入れる袋を模して作ったもの。

袋に竹の筒をつけておき、そこから入れるのですが、入ってしまうと出ては来られません。

かつては、手拭いをぬったりした布袋をつけていたそうです。

 

行ってみると、「かつてはこうだったんだよ」と聞いたように、

「田んぼを囲むように散らばって、だんだん中央に向かって歩いていくと、追い込まれたイナゴが顔にあたるほどピョンピョンと跳ねてきた…」という感じではなく、

たくさん歩き回って「あ、ここにいた!」という感じでしたが、10人位で20~30匹捕まえてきました。

(稲刈り前の隣の田んぼの横を歩くと、イナゴの跳ねる音が聞こえたりしました。そっちに逃げ込んでいた子もいたかもしれませんねー。)

 

田んぼでは、イナゴよりもアマガエルの方が多く、イナゴを入れる袋がカエルで満載になる子も!

 

そうそう、カニ(クロベンケイガニ)までいました。

 

田んぼの周りの草むらも含め見てみると、イナゴの他にも、トノサマバッタ、オンブバッタ、ショウリョウバッタ、クルマバッタ、などのバッタ類、クサキリ、テントウムシ、コオロギ、…たくさんの生き物たちに出会えました。

 

 

 

 

そうそう、捕まえたイナゴは、その後冒険あそび場のたき火で、無事(?)佃煮に生まれ変わりました!

 


 

冒険広場のある六郷東部地域は、津波で大きな被害は受けましたが、仙台の街から見るとまだまだ自然豊かな地域です。

 

そして、「子どもの遊び」と「地域の環境」そして「暮らし」がつながっていた頃の記憶をいきいきと持っている方がたくさんいらっしゃいます。そんな地域の豊かさも、伝えていければなと思います。

 

 

今回は、田んぼに入ることに了解いただいた井土生産組合さん、本当にありがとうございました!

 

 

(ねもと)

 

※この事業は、「住友商事 東日本再生フォローアップ・プログラム2018」の助成を受けて実施しています。

この夏は、荒浜と沿岸部がおもしろい!

  • 2018.08.11 Saturday
  • 13:08

 

 

海岸公園冒険広場に遊びに来ている皆さんに、ご案内です。

 

今年の夏休み、冒険広場のすぐ北側の荒浜地区を中心に、沿岸部でいろいろな企画が続きます!

津波被害の傷は大きく、まだまだ「復興した」と言えるような状況ではありませんが、多くの人が賑わいを取り戻すために取り組んでいます。
震災発生から7年半、なかなか沿岸部に足を運ぶきっかけがなかった方も、この機に訪ねてみてはいかがでしょう?

 

 

 

先日は、深沼海水浴場の再開を見据えた「あらはまワイワイキャンパス」もありました。

 

県道10号線から海側は居住はできない地域になってしまいましたが、また多くの人が集う場にはなればと思います。

海岸公園冒険広場だけでなく、沿岸部全体にまた賑わいが戻りますよう。

 

(ね)

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM